「植物と日光」たたき染めの授業 

タイトル下
potato

「植物と日光」たたき染め の授業シナリオです。

これは2020年に実際に行った授業を書き起こしたもので、
当時はコロナウィルス感染防止の観点から話し合い活動、およびグループによる実験は行わない、
等の制約がありました。予めご了承ください。

第1時のシナリオはこちら。

内容

1.“>画像を映して始めることも
3.“>たたき染め
5.“>結果を書いたら

全員起立! で授業を始める

開口一番、指示します。

「植物と日光」たたき染めの授業 そのシナリオです。その仕方を演示によって分からせていきます。実験をする前に結果も知らせます。

はい、全員立ちましょう。

すっくと立った子どもを大いに褒めます。(これ大事)
遅れて立つ子は、これ以後減っていきます。

発芽に日光は必要ありません、でしたね。
なぜか、言える人は座りましょう。

前回の授業のおさらいです。
しかしながら、答えられる子どもは多くはありません。

こんな投げかけもできます。

ver.1 発芽の条件を3つ言える人は、座りましょう。
ver.2 発芽で使われる養分とは何ですか、言える人は座れます。

いづれにしても、
答えが分からない子どもは、座るわけにはいきません。
その場に立ち尽くしています。

授業者は一刻も早く、彼ら彼女らを救ってあげなければいけません。
まず、座らなかったことを褒めます。

Ri-せん
Ri-せん

 君たちは、えらい。正直ですね、さあ、座りましょう。
 (座ったのを見届けてから)   
 先生なんか、答えが分かんなくもすぐ座っちゃいますよ。
 どうせ指されないし。
 当たるのは35人分の1の確率ですからね。(笑い)    

そのあと、先に座っていた子ども達を当て、答えを言ってもらいます。
但し、正解を言ってくれるかは分かりません。

このようにして前時を振りかえらせます。

画像を映して始めることも

授業をどのように始めるかは、決まっているわけではありません。
臨機応変、その時その時で変えます。

以下は、「植物と日光」たたき染めの授業 を画像提示から始める場合です。

授業開始の号令がかかったと同時に画像を映し、問います。

画像:インゲン豆を割った図

Ri-せん
Ri-せん

 (子葉を指して)
 この部分を何と言いましたか、言える人は立ちましょう。  

立っている子ども達が言います。 C:子葉です。

Ri-せん
Ri-せん

 そうです。 ところで 子葉って、なんだっけ? 言える人は座ってごらん。  

意外と説明ができないものです。ほとんどが、立ち尽くしています。
授業はテンポが大切。
こちらからさっさと言ってしまいます。   

画像:日陰で育てた植物 

Ri-せん
Ri-せん

 子葉というのは、最初に出る葉っぱのことです。    
 さて、この写真の植物は、ひょろひょろしてますね。それに対して・・・  

画像:日光によく当てた植物

Ri-せん
Ri-せん

 この写真の植物は、よく育っています。どういうことでしたっけ?  

子ども
子ども

 育つのに必要な養分は、葉に日光が当たることで作られるからです。   

Ri-せん
Ri-せん

 葉っぱで養分を作っているのでしたね。その養分って、何でしたっけ?  

授業の始まりは、体育の準備体操の如く、前時の振り返りをします。
映像を使って行うとスピーディーです。

使うものを見せる

「植物と日光」たたき染めの授業 のメインは、実験です。

葉にでんぷんができているかは、ヨウ素反応をみればいいのですが、
それをどのようにするか、
前時のおさらいをしたら、それを調べる方法に話をもっていきます。

Ri-せん
Ri-せん

 教科書〇ページを開きましょう。何が書かれていますか?  

C:「たたき染め」の方法です。

「準備する物」と書かれたところに指を置かせ、声に出して読ませます。
声を出させることで、これまでの授業の空気を変えます。

次に、「準備する物」の実物を見せます。
濾紙、木槌、エタノール、ヨウ素液です。

たたき染め

「たたき染め」の写真が教科書に出ています。
それを代表者にやってもらうことにします。実験の仕方は、見て知るのが一番です。

「植物と日光」たたき染めの授業 そのシナリオです。その仕方を演示によって分からせていきます。実験をする前に結果も知らせます。
Ri-せん
Ri-せん

 では、やってもらいましょう。 〇〇さん、どうぞ。
 
 これは、さっきとってきた「ただの葉っぱ」です。   
 でんぷんの反応が出るかどうかは分かりません。 

濾紙と板とではさんだ葉っぱを手渡し、木槌で叩いてもらいます。
葉をはがし、その濾紙をビニルの小袋に入れるまで、やってもらいます。
一つ一つ指示しながら、みんなが見ている前でさせます。

気負って力いっぱい叩いた子がいて、
葉の形をとどめないくらいに潰してしまい、その有様に笑いが起きます。
選手交代!」と告げると、われもわれもと手が挙がります。

葉を入れたビニル袋を子どもから受け取り、エタノールを注ぎ入れます。

Ri-せん
Ri-せん

 エタノールというのは、注射するときに腕に塗る、スーッとするあれです。 
 毒ではありませんが、飲んではいけません。

 これを湯に漬けて温めると、濾紙から緑色が抜けてきます。

また代表者を選び、前に出てきてもらいます。

今度は、水で洗った葉をヨウ素液に浸し、
「こうなりました。」と言いながら、葉をみんなに見せるよう指示します。

この「たたき染め」を次回、理科室で全員に経験させます。
従って、日光に当てた葉を自分で準備することになります。
濾紙は、あらかじめ配布し、記名させておきます。

実験する前に結果を知る

「たたき染め」の仕方が分かりました。が、授業終了には未だ時間があります。
そこで、この実験の結果を教科書で見ておきます。
   
T:ヨウ素反応を確かめている写真に指を置いてごらん。

ペアの子ども同士で写真を確認します。
たたき染めをした結果がどうなるか知ることで、自分の実験活動の指標ができます。

Ri-せん
Ri-せん

 教科書に出ている結果をノートに書きましょう。  

どのように書いたか、数人にノートを読んでもらいます。

表現の仕方はそれぞれ。上手な子もいれば不十分な子も。
そこで、シンプルな書き方を教えます。

「植物と日光」たたき染めの授業 そのシナリオです。その仕方を演示によって分からせていきます。実験をする前に結果も知らせます。

ア・・・変化なし 
   (朝、葉にでんぷんはできてなかった。)
イ・・・青紫色  
   (日光に当てるとでんぷんができていた。)
ウ・・・変化なし
   (日光に当てないとできていない。)

結果を書いたら

Ri-せん
Ri-せん

 結果を書いたら次は何をしたらいい? 

考察です」と子どもが言ってくれたらすばらしい、とほめます。
その発言を引き取って、この結果から分かったことを書きましょう、と投げかけます。
これはさほど難しくはありません。だいたい書けます。

気が付いたことを発表する子がいました。

 教科書はジャガイモの葉っぱで調べてますが、      

 他の植物もでんぷんをつくっているのでしょうか?

他の植物はどうなのか?
このような発想をする子どもは大いにほめたいです。

Ri-せん
Ri-せん

 すばらしいことを思い付きましたね。他の植物もでんぷんをつくっているのかな。 
 みんな、どう思う? 目のいい人は分かるよー。

このように言うと、子ども達は教科書に目を落とし、調べ始めます。
身の回りの植物(インゲン豆、シロツメクサ、ヨモギ)のでんぷん反応の写真が載っています。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました