「植物と日光」の授業

タイトル下
じゃがいも 花

「植物と日光」の授業 第一時のシナリオです。
2020年に行った授業をもとに書き起こしました。

はじめに

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。

当時、コロナウイルス感染拡大防止の観点から
授業を行う上での制約がありました。

とりわけ、戸惑ったのは
実験は行わない」というものでした。

実験・観察をしない理科の授業などありえません。
子ども達にしても、そんな授業はつまらないに決まっています。

そのような状況下でどのように授業を進めたのか、
記録をもとに書き起こして、「授業シナリオ」として発信していくことにしました。

現在、学校現場がどの程度通常どおりに戻ったのかどうかは分かりませんが、
発問や指示などの授業行為について少しでも現場のお役に立てたら幸いです。

「植物と日光」の授業 第1時の内容は盛りだくさんです。
テンポよく進めていくのが鍵です。

内容

 1.“>何でしょう? で授業を始める
 3.“>5年生の学習内容を振り返る
 5.“>目を向けるよう展開する
 7.“>大事 図を書かせること
 9.“>実験より先に結果

集中をつくる写真・図   

「植物と日光」の授業 この単元でも、パワーポイントを使い、
写真や図をスクリーンに映して授業を進めました。

映像を映し出す利点はいくつかあります。
まず、一瞬で集中をつくることができます。
子ども達は映した瞬間「何だろう?」と顔を上げます。
二つ目。
全員で共通のものを見る場面をつくることができます。
教科書を開かせ、何ページの写真を見なさい、と指示しなくてもいいのです。
三つ目。
スクリーン上の特定部分を指し示し、話をすることができます。

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。

左の写真は、理科授業ではありませんが、
子ども達が指しながら順番に話をしているところです。

気づいたことや問題にしたいことが
全員に共有されやすくなります。

教科書に掲載されている写真や図は、大変優れています。
それらを使わない手はありません。

授業者は、教科書等の画像を映し出せるように準備しておくことが必要です。
※映像を使う際は、著作権35条をクリアしているか確認する必要があります。

では、以下、授業です。 

何でしょう? で授業を始める

「植物と日光」の授業 第1時の始まりです。 
挨拶をしたらスクリーンに写真を映し出し問いかけます。

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。
Ri-せん
Ri-せん

 何の写真でしょう。     

C:段々畑です。

Ri-せん
Ri-せん

 作物を育てるには都合がよい作りになっています。
 それは、どういうことでしょう?

列指名で順番に当てていきます。こうすると授業に緊張感が生まれます。

・畑が南向きになっている。
・斜面なので日光がよく当たっている。
など、子どもの発言を拾いながら、学習を 「植物と日光」 へと方向づけます。

すかさず、次の写真を映します。
ジャガイモを日なたで育てた写真と日陰で育てた写真です。
これらを並べて見せます。
・違いは何でしょう。
・二つの写真から気が付いたことを言ってみましょう。

このように問うと、
子ども達から、葉の茂り方葉の数茎の太さの違いなどが挙がってきます。
ここで、植物の成長に日光が大きく関わっているらしい、と子ども達は思い始めます。

主体的に追究していく授業 について 

子ども達が主体的に追究していく授業が求められています。
そこで一応、振ってみました。

Ri-せん
Ri-せん

 これから勉強をしていくことが浮かんできましたね?
 どんなことですか、言ってみましょう。 

C1:日光が当たるとなぜよく育つのか。
C2:植物にとって日光はどんなはたらきをしているのか。 

びっくりしました。
4クラスで理科授業を指導していましたが、その中の1クラスでした。
このような発言、なかなか言えるものではありません。

目を丸くしつつ、その発言をとらえて2つ板書しました。
単元名 「植物と日光」。続けて学習課題を書きました。

   植物にとって 日光は どんなはたらきをしているのだろうか。

子ども達が主体的に取り組むようにする。
それは、ことほど左様にできるものではありません。
そのように授業を組み立てることにどれだけ時間が割けるか、という問題でもあります。

苦労の末に準備ができたとしても、主体的な活動になるかどうか?(技量の問題)
授業に着いて来れたのは一部の子ども・・・だったりして。

時数がないのです。
子ども達から主体性を引き出せなかったら、さっさと見切りをつけて授業を進めるに限ります。

段々畑の写真の次に発芽の写真を提示します。
「植物と日光」 の関係について更に見つめさせるようにします。

5年生の学習内容を振り返る

ここからは復習です。テンポよく進めます。

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。
Ri-せん
Ri-せん

 何の発芽か、分かりますよね。 アサガオです。
 発芽の3条件を言ってみましょう。

学級の半数が言えました。
黒板の左端に「発芽の3条件」として書き留めておきます。
そして、問います。

Ri-せん
Ri-せん

 どうして、その3つで発芽できるのですか?    

C:子葉に養分があるからです。
 
こう答えられたのは、一部の子どもでした。
すかさず、全体に返します。

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。
Ri-せん
Ri-せん

  子葉の養分を使っている、となぜ言えるの?     

  C:本葉が出た後、しばらくすると
    子葉がしぼんで落ちるので養分を使っていたことが分かります。

忘れているので、その写真を見せます。
そして、更に問います。

Ri-せん
Ri-せん

  子葉に含まれている養分とは何ですか?   

C:でんぷん、です。
 
5年生の時に、実験をしているはずです。が、忘れています。(半数も言えませんでした。)

その写真(子葉にヨウ素液をかけると青紫色になる)も見せます。

Ri-せん
Ri-せん

  ところで、「でんぷん」って何色しているの?  

C:青むらさき色! ( この反応には、ずっこけました。)

Ri-せん
Ri-せん

  私たちが、ふだん目にしているでんぷんは、白い粉です。  

すると、でんぷんは透明です、とある子どもから返ってきました。
賢い! でんぷんの顕微鏡写真を覚えていたのでしょう。

Ri-せん
Ri-せん

  では、ヨウ素液、ってもともと何色なの?   

C:黄色っぽかったよ。
これは、よく記憶していたようです。

現象を見せるにかぎる

「植物と日光」の授業 第一時。依然5年生の学習内容の振り返りをしています。

ここで、授業の空気を換えます。(話し合いが続きました。)
演示をします。 

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。

でんぷんヨウ素反応を見せるのです。

復習をしているのですが、
実は、器具の扱い方の指導も含めているのです。

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。


1.ヨウ素液を試験管に入れ、その色を「黄色い」と言わせます。
  「うすいオレンジ色」という子どもがいるからです。
  駒形ピペットという器具の名称を教え、操作の仕方を説明します。

6年理科「植物と日光」の授業を紹介します。グループでの実験はしない等の制約の下、どのように授業を進めたのか、現場の先生方の授業づくりのお役に立てたら幸いです。

2.でんぷん液をつくり、もう一つの試験管に入れます。
  「白い粉は片栗粉です。どこの家のキッチンにもありますよ。」と言います。
  3割くらいの子どもは、知らないようでした。

3.でんぷん液が入った試験管にヨウ素液を滴下します。
  「ホントに青紫色になるかな」、などともったいぶりながら行います。

試験管を窓際に持っていき、何色ですか? と問います。
この色を「青紫色」と表現させることはとても大事です。
テストでは必ずその言葉を使って回答するよう注意をします。

ここまでの授業で子ども達の頭は、次のように整理されたことになります。

子ども
子ども

  子葉にはでんぷんが養分として蓄えられている。
  発芽はその養分でしている。だから、発芽には日光は関係しない。  

何人かに言わせてもいいと思います。
その時間がなければ、授業者があっさりと話し、次の写真を見せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました