水溶液の性質 

タイトル下

6年理科 水溶液の性質を学ぶ授業シナリオです。
単元最初は、水溶液についておさらいから始めます。

学習用語 「水溶液」とは?

第一声、子ども達に投げかけます。

Ri-せん
Ri-せん

水に何かが溶けている。どんなものがありますか?

順番に当てていくと、緊張感が漂い始めます。

飲み物の名前がいくつも挙がりました。

水で溶いたもの・水で薄めたものも出てきました。
絵の具や水溶き片栗粉などです。

Ri-せん
Ri-せん

今、みなさんから出されたものは、みんな「水溶液」です。

「うん!」と言ってみよう!

子ども
子ども

しーん・・・。

誰も、反応しません。
私の意図が見抜かれているのか、引っかかりません。

Ri-せん
Ri-せん

水溶液じゃないのがある?  では、「水溶液」ってなに?

透明じゃないと水溶液とは言わない、という声が聞こえてきました。

「そうだった、そうだった」という顔、顔。
前学年で、習っているのでした。その記憶が呼び覚まされたよう。

念のため、演示します。
一つ目は「食塩」を水に溶かします。

Ri-せん
Ri-せん

水が入った試験管に食塩を入れます。どうなりますか?

子ども
子ども

溶けて見えなくなります。

Ri-せん
Ri-せん

おお、見えなくなった! 不思議だなぁー。

次は「食紅」。

これは「食紅」と言います。食品に加えるものです。

子ども
子ども

きれい! 透き通ってる。

同様にして「絵の具(青)」と「片栗粉」を溶かします。
片栗粉を知らない子どもがいるので、説明しながら操作をします。

4つの液体が揃ったところで投げかけます。

Ri-せん
Ri-せん

全て「水溶液」と言っていいでしょうか。

子ども達から、2つのことが出てきます。
「水溶液」とは、ものが水に溶けた液体であり、
  1.透明である。
  2.色がついていても「水溶液」という。

  3.蒸発させると、溶けていたものが出てくる(析出)する。
この考えは、出てきません。
前学年での学習を忘れていますが、OK。さっさと教えます。
この後の実験の「伏線」になります。

ここまで子ども達は、ほぼ話を聞きっぱなしです。
そのままにしていてはいけません。

ノートに書かせます。
水溶液とはどういう液体か、箇条書きでまとめるように指示します。
インプットしたら、アウトプットさせます。

1分後、どのように書いたか言わせ、板書します。
このように書くとよい、というサンプルです。

  水溶液・・・ものが水にとけた液体
   ・とう明(無色)
   ・とう明(色がついている)
   ・蒸発 → 出てくる(析出という)

ちなみに、子ども達は簡潔に書けません。
見て回ると、3行4行の文章になっています。

それでもいいのですが、
名詞、もしくは体言止めで書けるようにさせたいです。


※ 溶ける・・・ある物質の分子が、液体中に均一に拡散すること
        10の7乗分の1cmの大きさまで小さくなること 1/10000000 cm
        光が通過できるようになり、着色しても透明になる 


コメント

タイトルとURLをコピーしました