MENU

楽典  その指導はBGMに乗って (フツーの教員の音楽授業)

楽典を指導する時間は、3分程度です。

授業者がカードをめくりあげながら読み、子ども達が復唱するという活動です。
please repeat after me です。

これは、毎回行います。
繰り返して身につけさせます。

カードには音符や音楽用語・記号、リズム等が書いてあり、40枚ほどあります。
手作りです。

BGMが流れ出すと「楽典」の始まりです。

ビートのはっきりとした曲を流します。
先年亡くなったコメディアンの「ひげダンス」の曲のように
短いフレーズが絶えず繰り返されているものです。
※著作権の関係でサンプルとして音源をのせられないのが残念です。

楽典カードは、4拍で1枚のタイミングでめくっていきます。

以下、具体的にご紹介します。
この取組みが現場のお役に立てたら、なりよりです。

1.楽典カードの使い方


楽典カードは、ランダムに提示しません。
初めのうちは「易から難」を原則にして、意図的に並べておきます。

まずは、四分音符のカードからです。
先生が読んだら、子ども達は復唱します。

授業者: 四分音符! (タタ タン タ のリズムで言う)

子ども: 四分音符! (タタ タン タ)

以後、八分音符、十六分音符、付点、休符へと続き、
五線、縦線、終止線、ト音記号、ヘ音記号から強弱記号、臨時記号、反復記号、奏法記号等へと至ります。


リズムのカードも作りました。

授業者: タン   タ・タ  タン ウン (ウンで胸をポンと叩く)

子ども: タン  タ・タ  タン ウン (動きもまねて叩く)

リズムを一つのパターンとして見慣れていれば、譜読みの際に必ずや役立つと思います。

ひと月ほど経ったら、変化させます。
問う形にするのです。

授業者: これなぁに? (タ・タ タン タ のリズムで言う)

子ども: 四分休符!

カードを増やしていきます。
こんなのも混ぜてみました。曲の速さ(テンポ)に関するものです。

授業者: (ラップのように)早口です。
子ども: 早口です。

授業者: 1分間に四分音符 88 打つ速さ! 
子ども: 1分間に四分音符 88 打つ速さ! 

子ども達は、オモシロがります。

慣れてきたら、
教師役をバトンタッチしました。

子ども達4,5人を指名し、やってもらうのです。

カードは6枚ほどを渡します。
事前に、カードのめくり方を教えておきます。

手前(おなか側)にあるカードを前に出して見せるのがコツです。

渡されたカードを全てやったら、終了。
次の人へと順番にリレーしていきます。

2.指示等のカードも混ぜる

カードに書く音符や記号等は、教科書にあるものにします。
その学年に指導事項になっているからです。

教科書や歌集に出てきていれば、その都度、カードにしていきます。
例えば、フェルマータ、セーニョ、ダ・カーポなどです。
使えるようにするためです。

リズムもカードにします。(前述)
パターンを覚えると譜読みの力が上がると考えました。

その日はどうしたことか、
子ども達が元気でないことがあります。
声が出ていません。

音楽の授業は、テンション高めでないといけません。
そこで、指示のカードを作って混ぜました。

授業者: 元気よく! (タン タ・タ・タ のリズムで言う)

子ども: 元気よく!

授業を側面から支えるカードです。

そのほか、子ども達の意表を突くためのカードも入れました。
マンネリ化防止です。

授業者: いッち たす いちはー?

子ども: にん!

最後に、カードづくりについて。

カードは工作用紙を4つに切ったもので、1枚の大きさは23X16cmです。
これ以上大きくすると、紙に無駄が出、操作性もdownするような感じです。

後方に座る子ども達にとっては少々小さく、見づらいかもしれません。
工夫改善を望みます。

関連記事