MENU

歌のテスト こうしてます。 (フツーの教員の音楽授業)

歌のテストをどのように実施しているのでしょうか。

長いこと教員をしていながら、
見せてもらったこともなければ、同僚に伺ったこともありません。
よく務まったものです。

様々試行し、いろいろな仕方でしてきました。
最終の形をご紹介します。

ベストでもありませんし、ベターでもありません。
今後があれば(すでに退職しているので、絶対それはありませんが)
また変わると思います。

この取組みが少しでも現場のお役に立てたら幸いです。

基準を提示しておく


歌唱のテストをするときは、
基準」を黒板に書いて提示しておきます。添付写真(右下)のとおりです。

そこに書かれていることは、すべて
普段の授業で指導し、気を付けさせていたことです。

・拍の流れにのって歌うこと(テンポ、ブレス)
・曲想に合った歌い方をすること(強弱、アクセント、歌声、表情)
・おなかから声を出すこと(声量)
・音程に気を付けて歌うこと

名簿にこの4項目を記入しておきます。

名簿順に歌ってもらいます。
スタートは名簿の1番からとは限りません。

聞きながら、〇をつけていきます。
顕著な場合は、◎や△になります。

歌のテスト
歌のテスト

歌うときは、一人ずつ

前奏を単音で弾いてあげて、
歌い出したら伴奏はフェードアウトしていきます。

つまり、途中から無伴奏です。

1曲全部を歌わせることはしません。
8小節から12小節くらいで「終了」です。

ワンコーラス(曲の1番)すべてを歌わせていたら大変です。
それだけで授業時間が終わってしまいます。

とても上手に歌っている場合は、最後まで歌わせていました。
手本になるからです。

歌唱のテストに関するいろいろ 

歌のテストなんて、したくない。

そう思っている子どもが大半でしょう。緊張を強いられるのは、イヤなものです。

中には、緊張のあまり声が出なくなっている子どももいます。
そのような場合は、配慮します。

横に並んで一緒に歌ってあげたり、
子ども達に「一緒に歌ってあげよう」と投げかけたりします。

評定方法を一律に行う必要はありません。
歌う事のハードルを少し下げてあげたら次に生きていくのではないかと思います。

テスト中の子どもの歌声は聞かせるようにします。
感想を書かせるのです。

どんなことを書くのか。

その観点については黒板に書いてあります。
これは指導済みです。

全員の歌について感想を書くのは大変です。
印象に残った人のだけでよい、としておきます。

感想は、テスト後に発表させます。

その旨を予告しておくので、子ども達はぼーっとして過ごすことはできません。

歌のテスト

 歌のテストを全員が終えたところで、数人に感想を読んでもらいます。
 講評もします。

 成績表に◎をつけた子どもの名前を挙げ、よかった点を話します。
 次に歌うときの参考にさせたいからです。

テストは学期中2回ほど実施。
曲は、主として共通教材になっているもの。教科書に載っているものです。

追記

歌のテストの感想を書かせておくと、
それは、期末における評定を行う際の資料(拠り所)となります。

どの子も何かしら書いていました。
感想を1行も書かなかった子どもは(幸いにして)いませんでした。

掲示してある「歌のテストの基準」について触れており、
且つ、
学習用語を交えて書いて感心するものがあったりします。

音楽に限った話ではありませんが、
思ったこと、感じたことを言語化するというスキルを育てていくことはとても大切です。

その意味からすると、
歌のテストの後の感想を発表させることや講評は、必然の授業行為です。

関連記事