MENU

学校の公開日 「普段どおり」とは?        

この記事は、初任者向けに作成した資料を基に書き改めたものです。
紹介している算数授業は、2020年に始まるコロナ禍以前の取組みです。

少しでも現場の先生方のお役に立てたら幸いです。

記事の内容

1.学校の普段を見てもらう日 ?
2.普段からプロジェクターを使う
3.普段から授業で、世間話をする
4.テープ図を読む

1.学校の普段を見てもらう日 ?

ちなみに・・・
普段の学校生活を見てもらう、という趣旨で「学校公開」があるが、
子ども達にとって大勢の人に見られている、というのは決して「普段」ではない。

環視の中である。

子ども達は緊張している。
これが普段通りであるはずがない。
休業日である土曜日開催となれば、尚更である。

だから、普段通りにしてはいけない。

そもそも、学校はお客様を迎える側なのだから、
この日は welcome (ようこそ、いらっしゃいました)のポジションにいなければ話にならない。

掲示物が月遅れだったり、
蛍光灯が点いてなかったりチラチラしてたり、
廊下の隅に綿ほこりがいくつもふわふわ舞っている、なんてのはNGだ。

それらは、お客様がいなくてもNG。
「普段」から学習環境を整えていなくちゃいけない。

授業も然り。

「普段」から分かりやすくて、
楽しい雰囲気で子ども達が取組めるようにしていなくちゃいけない。

公開日は地域に対して設定された行事だけれども、
見ていただく中身は、外部や保護者の信頼に足る「普段の取組み」そのものなのだ。

しかしながら、現状はきびしい。
すべきことがわんさかあって、押しつぶされそうになっている。
手が回らないのだ。

ちょっと呆れた話だが、
学校公開日という知らせがあって参観に行ったら、あるクラスがテストをしていた。

テストをしている様子を数十分間見せる、ってどういう考えなのか。
普段を見せるという意味を捉え違いしているのか、居直ってそうしたのか。
好意的に見れば、特別な事情があったとも考えられるが、
それにしても、と思う。

2.普段からプロジェクターを使う

学校公開のこの日、
T.T. (team teaching)のT1として3年生の算数授業を進めていた。

台秤目盛りの読み方を復習し、次は教科書にある文章題をする。
まず各自で読ませる。

続いてその問題文を一斉音読させ、
スクリーンに映し出された教科書の絵を指しながら投げかけた。

わざわざプロジェクターを使ってまでしなくても、
と思う向きもあるかもしれないが、
普段から使っている。

保護者をはじめ地域の方々に開かれた参観となれば、
尚更、このように授業を進めていることを見ていただきたい。

プロジェクターを使えば
今、どんな学習をしているか一目で分かる。

それは参観者のためにしている、というよりも、子どものためなのである。

  教科書の挿絵を見なさい

と指示しても、各自がそれぞれの教科書を見ているかは、不確かだ。
スクリーンに映せば、全員を一点に集中させることができる。

3.普段から授業中に世間話をする

    このバナナは、4本で870gと書いてありますね。
    ところで、みなさん。バナナは好きですか?

バナナがすごく好きだと言うので、その子どもに聞いてみた。

Ri-せん

丸ごと食べられますか?              

・・・はい。        

  え、ほんとに? 

驚いていると、別な子どもが答える。

ぼく、丸ごと食べたことあるよ。・・・まずかった。    


  バナナを皮ごと食べたの? すごいなぁ! 

保護者も笑っている中、
普通皮は食べないよね。食べる所じゃないよね、と返す。

教室がなごんでいよいよ本時メインの指導を始める。

1本のバナナの重さを計ったら180gでした。

中身を食べて皮の重さを計ったら55gでした。 中身の重さは何グラムでしょう。

今日の授業は、バナナの可食部分の重さを問題にする。
先の子ども達とのおしゃべりは、意図的にしているのである。

学習のつながりを考えて展開しているわけだが、
こうしたことを見抜ける(指摘できる)親御さんがいるとしたら、すごいことである。

4.テープ図を読む

テープ図をノートに写させる。
どう書けばいいのか、数値なども指定してきれいに書かせる。

Ri-せん

この部分(□)は、何か1文字で書きなさい。     

えー? に交じって「分かった、分かった」の反応。

指名されたGさんが「皮です。」と答え、なあんだぁの声。

Ri-せん

ここ(□□)は、2文字で書きなさい。    

これはもう簡単。「中身」。

答えは引き算で求める。
その理由をテープ図を使って説明させる。

式・計算・答えの3点セットで見せに来るように指示。
次のように言い、TTで進めている場面を意図的に設定した。

『男の子は、担任のW先生。女の子は、先生(私)に見せなさい。』

続く⑤の問題も、担任と二手に分かれてノートチェックをした。