片々の教育技術

タイトル下

片々の教育技術 その幾つかを紹介したい。
現場の先生方のお役に立てたら幸いである。

片々の教育技術
その習得は、子ども達と授業(活動)を創っているときだ。
楽しく進めたい、そう思っているとひらめいてくる。
今回は、以下の5つを紹介する。

1.“>すぐに出来てしまう子への対応 (空白をつくらない)

3.“>授業の始め方 (号令をする?)
  ・号令の代わり 10問テスト

5.

1.朝会(集会)を始める時の指導

体育館がざわついている。

これから朝会が始まるわけなのだが、子ども達はしゃべり放題だ。
この事態をあなたならどう収めるだろうか?

片々の教育技術を紹介します。学校教育の中で最も大切なのは授業。少しでも現場のお役に立てたらと思います。

S先生は中堅の女性教師だ。
今日の集会の担当となっている。

どのようにするのか見ていると、
子ども達の真ん中に立ち、手をたたき始めたではないか。

3回たたいて、1拍休む。

ゆっくりとしたテンポで、それを繰り返す。
すると、すぐに前列の子達が先生の真似(まね)をしだした。

先生と一緒に手拍子をする子の数はたちまち増えていき、
その音でおしゃべりの声が押しやられていった。

S先生、最後に3回打った後7回手を打ち、
あ、三三七拍子だ!」 と誰もが思う中、にこにことお辞儀すると
ご自分の立ち位置へ歩いて行かれた。

一言も言葉を発していない。

体育館の喧騒とした空気を手をたたいて一変させた。
しかも、3・3・7のめでたい拍子で。
見事だ。

集団を静かにさせる方法は他にいくつもある。
力量のある教師はそうした教育技術をいくつも持っている。

2.すぐに出来てしまう子への対応

片々の教育技術を紹介します。学校教育の中で最も大切なのは授業。少しでも現場のお役に立てたらと思います。

課題をさっとやってしまう子がいる。
すぐに出来てしまうのだ。
賢い子ども達だ。

片々の教育技術として
その対応を紹介するのだが、まず、大原則がある。

時間差が大きくなるような課題は出さない
ということだ。
量が多いと時間差が大きくなるのは自明だ。

課題をし終えた子どもは、することがない。別なことを仕出す。
それが目に余ることもある。

空白をつくってはいけないのだ。
だから時間差が大きく生じないようにしなければならない。

課題を少なめにしても、時間差は生じる。
そうした時間差の問題について先生方はどうしているのだろうか。

終わったら板書させる

計算問題(適用問題)が3問あるとする。
黒板を6等分に区切り、指示する。

Ri-せん
Ri-せん

 3問をノートにやったら黒板に書きに来ましょう。 1問につき、2人書けます。 

計算をし終えた子ども達は、勇んで出てくる。
黒板に書きたいのである。

多くの子どもは、活躍したい、と思っている。それを満たしてあげよう。

片々の教育技術を紹介します。学校教育の中で最も大切なのは授業。少しでも現場のお役に立てたらと思います。

板書できる枠は6人分。
7人目以降はどうするのか?

答えの判定役を任命するのだ。
赤で〇つけをするのだが、間違えていれば、
説明し直す。
待機中、その言い方を考えさせる。

これで更に3人分活躍させられる。

これは、時間差への対応術ではないが、計算方法を説明する活動の例として紹介する。

片々の教育技術を紹介します。学校教育の中で最も大切なのは授業。少しでも現場のお役に立てたらと思います。
子ども
子ども

 2.5÷0.7は、それぞれを10倍して計算します。
 つまり、25÷7として計算します。
 
 余りの4は、0.1が4つなので0.4となります。
 なので、けんじさんの計算は、正しいです。  

3.小黒板を使って発表させる

片々の教育技術には、教具もある。
小黒板、である。

これを使っている場面を市内で見たことがない。
それは、学校備品ではなく、手作りしたものだからである。

大きさは、たて60cm×横90cmで、べニア板に黒板塗料が塗られている。
こんなものをフツーの教師は、作らない。

様々使い道がある。
明日の持ち物を知らせたり、行事の予告をしたりといろいろ。
授業では、考え方を共有する場合に使う。

これを画用紙で行っていた頃があった。
授業研究などでよく目にしたのだが、今一つぱっとしない。
見ずらいのだ。

片々の教育技術を紹介します。学校教育の中で最も大切なのは授業。少しでも現場のお役に立てたらと思います。

一方、小黒板はチョークで書く。
いくらでも書き直せる。
そして、見やすい。

裏にマグネットがついており、移動や整理分別も容易である。
難点は、残らないことである。

タブレットが一人一台配布され、
各自のノートや撮ってきた画像ばかりでなく、
音声情報なども操作一つで全員で共有できるようになった。
そんな昨今ではあるが、小黒板はまだまだ使える。

片々の教育技術を紹介します。学校教育の中で最も大切なのは授業。少しでも現場のお役に立てたらと思います。

小黒板と似たもので、マグネット式ボードがある。

短冊になっており、立式したものを書かせたり、
短文を書かせたりで使っていたが、
寂しいことに、
これを使っている教員をあまり見かけない。

授業を構想する時点で、発想がないのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました